NETFLIXの最強人事戦略~自由と責任の文化を築く~

NETFLIXの最強人事戦略?自由と責任の文化を築く?

NETFLIXの最強人事戦略?自由と責任の文化を築く?

変化が必要だということを受け入れ、みずから変化を起こすことにスリルを感じてほしかった。破壊的変化の荒波のなかで最も成功できる組織とは、すべてのチームのすべてのメンバーが、「この先何が起こるかはわからず、何もかもが変化している」と考え、それに心を躍らせるような組織だと、私たちは考えるようになった。

面白かった

ナナメの夕暮れ

ナナメの夕暮れ (文春e-book)

ナナメの夕暮れ (文春e-book)

今のご時世「自分探し」なんて言葉は、人をバカにする時にしか使われない。  この言葉には、元々無いものを一生懸命探している人の、滑稽な姿への嘲笑が含まれている。  ぼくはそれをいい歳こいて、今までずっとやってきた人間だ。  なぜ、自分を探さなければいけなかったか。  それは、自分がよく分からなかったからだ。

面白かった。

なぜ、猫とつきあうのか

つまり、人間同士だったら、とても仲のいい関係でも、愛し合っていても、感情にそごをきたせば、きりきりなっちゃう。そういうことって動物の場合はないですよね。そうなったら逃げていっちゃいますからね。虐待したらもちろん逃げていっちゃう。かわいがっている限りはその動物なりに応じてくれる。それから自己主張して対立しちゃって、感情のそごをきたしたとかってことがまずない。そういうことは動物が好きだとかかわいいっていうことの中に、とても大きな要素として入っているでしょう。だから人間のひとりよがりな気がしないでもないです。人間だったら好きになればなるほど大変だっていう面があるわけでしょ。そういうことがないってことは、一種の安らぎになっている。それで動物をかわいがる。そうなっているんじゃないか。ほんとは何か人間のひとりよがりなのかなっていう気もします。そこら辺がさっきの死んだときの悲しみの切実さにひっかかってくる気がするんですけどね。

かがみの孤城

かがみの孤城

かがみの孤城

合わない、という言葉は便利な言葉だ。  嫌いとか、苦手とか、いじめとか、そういうニュアンスを全部ごまかせる。こころがされたのは、ケンカでもないかわりに、いじめでもない。私がされたことはケンカでもいじめでもない、名前がつけられない〝何か〟だった。大人や他人にいじめだなんて分析や指摘をされた瞬間に悔しくて泣いてしまうような──そういう何かだ。

昔読んだブレイブストーリーを思い出した。面白かった。