ワンダー 君は太陽

wonder-movie.jp

これも原作読んでないからわからないけど、もっと複雑な話かと思ってたので、、、という感じ。 ルームの子役の人はやっぱり凄かった。

漫画の仕事

漫画の仕事 (一般書籍)

漫画の仕事 (一般書籍)

今、私が描く絵の線に関して思うのは……やっぱり、繰り返しになりますが、「楽しく描けている」というのがいちばんじゃないですかね。本当に、ずっと、楽しく描けています。そこに、勢いがついていればいいと思うんです。 『鋼』のはじめのほうは、最初の連載というのもあって、もっと、線に「必死さ」も出ていたんですけど。それで、ずれていると言うか、線の取捨選択が、本来目指している絵になっていない、と思うこともあったんです。

面白かった。漫勉好きな人にも良さそう

暗闇・キッス・それだけで

「サリィは、素晴らしいパートナだ。私は、彼女を愛している。三十年も一緒に暮らしているんだ。こんなに長続きするオペレーション・システムはない」

「細かいバージョンアップがあったのですね?」

「それは、そのとおり、お互いにそうだね。いつも、修正して、パッチを当てる。そういうものだろう? でも、最も大事なことは、最初の基本設計だ。なんだって、そうだ。人間もそう。修正ができるということが、重要な性能なんだ。わかるかい?」

鳩の撃退法

鳩の撃退法 上

鳩の撃退法 上

鳩の撃退法 下

鳩の撃退法 下

なかなか長い...。けど面白かった。

なるほど。ふたりはまちがった場所で出会ってしまったわけだ。そこに後悔が残るわけだ。だったら、小説家は別の場所でふたりを出会わせるべきだろう。書き直せばいい。まちがった場所まで戻って後悔の種を取り除けばいい。たらればが有効なのは、現実の、取り返しのつかない、一回きりの人生においてのみだ。小説家は小説を心ゆくまで書き直すことができる。

30年後の同窓会

30years-dousoukai.jp

6さいの僕が大人になるまでの監督さんで結構期待してしまっていたので、あまりグッとこなくてちょっと悲しかった。