Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

走ることについて語るときに僕の語ること

book

前二つ読んだ本は超人とか世界一とかの人の話で、これは市民ランナー(と言っても毎年トライアスロンフルマラソン走ってるので、すごい)の個人の話なので大分違う。 私はそんなに知り合いが多いわけではないので、走ってる知り合いみたいなのは余計に少ない。なので、走ってる人がどういうこと考えて走ってるとか知らないけど、まぁこういう事を感じてる人がやっぱいるんだなという気持ち。

誰かに故のない(と少なくとも僕には思える)非難を受けたとき、あるいは当然受け入れてもらえると期待していた誰かに受け入れてもらえなかったようなとき、僕はいつもより少しだけ長い距離を走ることにしている。いつもより長い距離を走ることによって、そのぶん自分を肉体的に消耗させる。そして自分が能力に限りのある、弱い人間だということをあらためて認識する。いちばん底の部分でフィジカルに認識する。そしていつもより長い距離を走ったぶん、結果的には自分の肉体を、ほんのわずかではあるけれど強化したことになる。腹が立ったらそのぶん自分にあたればいい。悔しい思いをしたらそのぶん自分を磨けばいい。そう考えて生きてきた。黙って吞み込めるものは、そっくりそのまま自分の中に吞み込み、それを(できるだけ姿かたちを大きく変えて)小説という容物の中に、物語の一部として放出するようにつとめてきた。

だって「ランナーになってくれませんか」と誰かに頼まれて、道路を走り始めたわけではないのだ。誰かに「小説家になってください」と頼まれて、小説を書き始めたわけではないのと同じように。ある日突然、僕は好きで小説を書き始めた。そしてある日突然、好きで道路を走り始めた。何によらずただ好きなことを、自分のやりたいようにやって生きてきた。たとえ人に止められても、悪し様に非難されても、自分のやり方を変更することはなかった。そんな人間が、いったい誰に向かって何を要求することができるだろう?

村上春樹の本これが初めて読んだということに気がついたので、他のも読んでみようかと思う。