Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

風は青海を渡るのか? The Wind Across Qinghai Lake?

book

「それは、研究でも同じだ」ヴォッシュが言った。「他人の研究は、綺麗なところばかりが見える。なんという素晴らしい発想だ、よくこんなことを思いついたな、どうして自分の実験はうまくいかないのだろう。こんな役に立たないデータばかりなのは、どういうわけなんだ?」ヴォッシュは笑った。「だが、そんな汗に薄汚れた毎日から、美しい公式が現れるんだ。まるで、天使のようにね」

ハギリ博士が今までの中で一番テンションが高くて(知的興奮をしていて)、テンポが良い。100 年シリーズ読んでない人は読んだ方が良さそう。