Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

魔法の色を知っているか? What Color is the Magic? Wシリーズ

book

でも、僕はあれこれさきのことまで想像してしまう質なのである。心の中では、そうならない方が良いのだけれど、という方向へ考えがちだ。悲観的な妄想というべきかもしれないが、工学的には安全側といえる。

「私もそうだ。いや、かつては、そうだった。この頃は、考えることが面倒になってしまった。やはり、老化しているように思う。頭脳細胞が新しくても、老化はありえるということだ。ハードではなくソフト、あるいはデータの問題だ。どう思うね?」