Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

内田悟のやさい塾 旬野菜の調理技のすべて 保存版 秋冬

ケンタロウ1003レシピ (講談社のお料理BOOK)

ケンタロウ1003レシピ (講談社のお料理BOOK)

自炊する時には上の本を良く使っていて(量が多くて難しいのがないから、助かる)一年ぐらいしか自炊してないからなんとも言えないけど、使う野菜が、固定化されてるなーと思っていたので下の本を買った。

内田悟のやさい塾 旬野菜の調理技のすべて 保存版 秋冬

内田悟のやさい塾 旬野菜の調理技のすべて 保存版 秋冬

全然旬の野菜の事を気にしてなかったから、今まで使わず嫌いをしていたかぼちゃとかさつまいもを使った料理とかして美味いなーという感じなので大分読めて良かった。

 この間、野菜って素晴らしいなぁと、あらためて感嘆するとともに、一方で、こんなことも思うようになりました。それは、これからあと何回、この野菜たちの旬を感じられるのだろうということです。
 振り返ってみれば、僕が八百屋のおやじになってから経験した旬は、わずかに 30 回。すきっと香りの高い春菊も、もっちり感の増したれんこんも、寒くなるほど馥郁としていくる白菜も、みな 30 回しか経験してないんですよね

そんなに料理が上手なわけじゃないから本当に旬の味とか分かってるの?みたいな話もあるけど徐々に勉強しつつ、どこかのお店で頼む時とかもこういうの知りながら美味しく食べたい。