Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

片手で操作する時のiphoneアプリの話

flipboard iPhone はアプリの中で操作する分にはページめくりとスクロールだけなので、異なる操作しなくいで同じで楽。
タップすると、内容を表示して、右にスワイプすると戻る。内臓のブラウザからflipboard に戻るのも右スワイプ。
なので、真ん中だけで一番行う操作が完結するので使いやすい。
記事の見出し長押しでアクションシートの表示。(これはブラウザ、内蔵ブラウザの時は使えない。)
若干誤って戻りやすいのと頭出しが出来ないので、一回戻るとめんどくさいという問題があると思う。

pathは左右のスワイプでスライドできるけど戻すのに左右に指を移動する必要がある(真ん中から戻せない)

Facebook のはスワイプ出来ない。左上でスライドさせても戻すのに右上を押すかニュースフィードを押す必要があるけど、再読み込みする。ちなみにpathはしない。

pathは左下のボタンが起点になるけど、普通の手の大きさの左利きの人は押しやすいらしい。僕は手が大きいのでこれがもし右下にあると手を浮かせないといけないので押しづらい。iphone自体をどう持つかにもよると思う。
手の大きさ的にはinstagram的な真ん中は割りと押しやすい

twitter for iphoneは右上につぶやくボタンがある。普通の手の大きさの左利きの人は押しづらい気がする。右利きの人はまだ押しやすい気がする。

普段使ってる時はiphoneを見下ろす状態なので扱いやすいけど寝てる時とかだと上のボタンは押しづらくて落としそうになる。

まとめ

片手で操作するのが普通なのかは知らない。