Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ベストアメニティスタジアム

サガン鳥栖ベストアメニティスタジアムに行った。アルウィン同様とても良いスタジアムだった。

幻惑の死と使途 ILLUSION ACTS LIKE MAGIC S&M

幻惑の死と使途 ILLUSION ACTS LIKE MAGIC S&M

幻惑の死と使途 ILLUSION ACTS LIKE MAGIC S&M

「そうじゃないんだ。何かに気がついて、新しい世界が見えたりするたびに、違うところも見えてくる。自分自身も見えてくるんだ。面白いと思ったり、何かに感動したりするたびに、同じ分だけ、全然関係のない他のことにも気がつく。これは、どこかでバランスを取ろうとするのかもしれないね。たとえば合理的なことを一つ知ると、感情的なことが一つ理解できる。どうも、そういうふうに人間はできているみたいだ」

星が原あおまんじゅうの森 5巻

大きい本屋幾つか行ったけど売ってなかったので amzon で買った。厳しい....

ペルソナ4 ダンシング・オールナイト

ペルソナ4 ダンシング・オールナイト

ペルソナ4 ダンシング・オールナイト

ストーリーモードと、フリーモードの最難易度以外クリアした。

  • ストーリーモードは単調でイマイチだった。
  • 肝心の音ゲーのところが、ゲームのベースカラーが黄色なのに一番飛んでくる黄色だったりとかで見づらい。
  • 一曲分演奏することになるので長いから疲れる
  • remix が多くて原曲だけ考えると少ない...
  • 無事ペルソナ5 出て欲しい。

結論としてはイマイチだった。

封印再度 WHO INSIDE S&M

封印再度 WHO INSIDE S&M

封印再度 WHO INSIDE S&M

UNIXのメールを見てみるが、差出人とサブジェクトを眺めただけで読む気にもなれない。とりあえずは、熱いコーヒーを強制的に喉に流し込む。おそらく、この魔法の飲みものが地球上になかったら、犀川の午前中は存在しないのと同じになる。人生の半分はコーヒーから生まれた、といっても過言ではない。

しかし、そうした決心も、翌朝、目覚めてみると必ず覆ってしまうのだった。他人の存在を自分の内側から許容するという(たぶんありふれた)能力が、どうやら自分には欠落しているようだ、と最近気がついた。自信なのか、勇気なのか……、そんな、ほんのささやかな能力が、いざというときに必ず引っ込んでしまうことも、彼女自身が一番よく知っている。

笠原将弘のめんどうだから麺にしよう

笠原将弘のめんどうだから麺にしよう

笠原将弘のめんどうだから麺にしよう

夏で暑くてダルいことが多いので、結構便利