Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

42.195kmの科学 マラソン「つま先着地」vs「かかと着地」

book

「歳をとれば、それだけ注意が必要なんです。自分の肉体に耳を傾けなければなりません。私の肉体は精密な機械を積む自動車のようなものですから、メンテナンスをしなかったら、思うように動かすことはできません。速く走りたくても、走れないのです。だから、適切なメンテナンスが重要です。どんなに高価な自動車だって、修理と調整が必要でしょう?  こうした努力を怠れば、私は一〇年前に走るのをやめていたでしょう。事実、ほとんどの友人は一〇年前に走るのをやめてしまいました。普通の人なら年齢と共に筋力も衰えていきます。ですから、今でも生き残っているのは私だけですよ」

www.nhk.or.jp

この放送で取材した内容を本にしたものらしい。 born to run の後にオススメされてて、その中でもつま先着地の話があったので(あの本ではつま先着地が何なのかは詳しく書いてないので謎の走り方で気になっていた)読んでみた。

前回の本が物語だったけど、これはつい最近の話で科学科学した話でこれもこれでとても面白い。ただ、この映像を見る手段がないのと、図が本にないので所々理解が進まないところがあるのが少し残念。