Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

透明な迷宮

book

透明な迷宮

透明な迷宮

人は自分自身に対して、きっと適度に無関心であるべきなのでしょう。さもなくば、誰に何を言われても、聞く耳を持てなくなってしまいます。一体誰が、私ほど私自身のことを根気強く、時間をかけて考えてきただろうか、と。

平野さんの短編集(中編?含む)初めて読んだけど、あの文体で短いのもまたなかなか面白くてよかった。 私は「火色の琥珀」と最後の「Re:依田氏からの依頼」が特に面白かった。