Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ηなのに夢のよう DREAMILY IN SPITE OF η Gシリーズ

book

これは平均的な人間でも同じだ。若い頃は死が恐くない。危険を怖れているだけだ。それが、歳をとり、思考力が低下するほど、死を怖れるようになる。このまま死んでしまったら、と心配になる。きっとこれは、劣化によって正常さを失った思考が見せる錯覚なのだろう。肉体の基本活動に支配されているだけだ。