Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

四季 秋 White Autumn

book

「実験をしたいとき、ちょっとした設備や人員が身近にあって、すぐに使える、というくらいの価値だよ。だけど、そうだなあ、たとえば、そういうときは国枝君に頼めば良い。君だって、そのうち、どこかの大学の先生になるだろう? 僕はもう引退して、ひっそり山小屋にでも籠もって暮らしたいな」

いつも、満足が近づくほど、欲が深くなる傾向が自分にはある。逆に、不満なときほど、我慢ができる。バランスを取ろうとはせず、極端な状態を望んでいるようだ。その方が自分は安心できるのかもしれない。そう、バランスが取れている状態とは、シーソーみたいに、最も不安定な状態にほかならないからだ。