Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

四季 春 Green Spring

book

たとえるならば、それは天体の運行に類似している。たまたま、彼女の軌道と、僕の軌道が、最も接近する位置に、そのときの二人が存在しただけのこと。  つまり、偶然。  次の瞬間にはもう、僕たちは遠ざかる一方で、以後二度と、そんな近しい距離へ、そんな奇跡的な関係へは、戻ることができなかった

「だんだん機能低下する」僕は言った。「本人は自覚していないのにね」 「どうして人間って、すぐに使えなくなってしまうのかしら」 「使われたくないからだよ」