Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

舟を編む

book

舟を編む

舟を編む

永遠に持続する満腹がなくとも、おいしい料理を食べたいと願うひとがいるかぎり、香具矢さんは腕を振るいつづける。完璧な辞書を作ることはだれにもできないとわかっていても、言葉を使って思いを伝えようとするひとがいるかぎり、俺は全力でこの仕事を為し遂げてみせる

有限の時間しか持たない人間が、広く深い言葉の海に力を合わせて漕ぎだしていく。こわいけれど、楽しい。やめたくないと思う。真理に迫るために、いつまでだってこの舟に乗りつづけていたい

映画, 小説の順序で読むとたいていは想像の補完も伴って小説の方がよく感じる事が多いけどこれは映画がよく感じた。

映画の時の感想

舟を編む、ペダルダンス - @soh335 memo