Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

夜と霧

夜と霧 新版

夜と霧 新版

過酷きわまる外的条件が人間の内的成長をうながすことがある、ということを忘れている。収容所生活の外面的困難を内面にとっての試練とする代わりに、目下の自分のありようを真摯に受け止めず、これは非本来的ななにかなのだと高をくくり、こういうことの前では過去の生活にしがみついて心を閉ざしていたほうが得策だと考えるのだ。このような人間は成長は望めない。

p.121-p.122